オートクチュール

今朝、Tchaïkovskiの曲を 聴きながら音楽家の偉大さに 深く感動しながら歩いていた   同時に今日のオートクチュールは 心に残ったTchaïkovskiらしい ドラマティックな旋律の世界観を エネルギーに込めることに決めた   私のオートクチュールレッスンは 単にマンツーマンのハイヒール レッスンでないと思い立っている   人が心を震わせる音楽や芸術を 私はオートクチュールレッスン と云うツールを使い表現している   正直、結果を出すのはSkypeの プレタポルテレッスンでも ある程度まで、それもレベルの 高いところまで出すことは出来る   勿論、繊細なメスの入れ方は プレタポルテとは比にならない ところはあり、効果も異なる   しかし、技術よりも大切なこと それは音楽や芸術が人に与える 衝撃的な第六感のところである  …

0 commentaire

満月のインスピレーション

ASAMI-PARIS プライベートセミナー 「豊かさを生み出す思考術」は 予約枠が一杯となりましたので 受付を終了させていただきました。 ご興味を持ってくださった方 又、ご参加くださった皆様 心よりありがとうございました。 この場を借りてお礼を申し上げます。     今日は机上でのセッションがなく 朝からプレタポルテのハイヒール レッスンだけの珍しい1日であった   このスケジュールは決して 私が意図した訳ではなかったが 今、思うと、これも大きな力が 働いていたのだと感じてならない   レッスンに立つ私は自分でも 愛と情熱に溢れていると 自負するが今日は特別であった   純粋にHigh-heels Coachとし 立つこと、身体を通して自分の エネルギーをクライアントの方へ 注ぎ込むことが幸せでならなかった  …

0 commentaire

プレタポルテ誕生と歴史

今ではSkypeのレッスンである プレタポルテは主軸となっているが 当初はSkypeでレッスンとは想像も 思いつきもしなかった   以前、暮らしていた階下に住む マダムに幾度となく嫌がらせを被り 彼女からの嫌がらせも悪化すると 同時にアパルトマンでレッスンを 提供することが出来なくなった   当時は対面でのオートクチュール レッスンのみであり、地道に コツコツと積み上げてきた努力に ようやく花が咲き始めた頃であり レッスンのためにパリへ訪れて くださるクライアントも増え始め 忙しさの絶頂期であった   このような状況の中で突如として 仕事が出来なくなり、神様とは 何をしてくれるのだと哀しみより 悔し涙が溢れ、パブッリックの レストランであったが家族の前で 恥じらいもなく号泣した   仕事がなくなり無職だけは嫌だと その想いだけで諦めずにいたところ その数日後にインスピレーションが 降りたのがSkypeレッスンであった…

0 commentaire

私の原点

美しき旋律と共に時が流れ 目を閉じた瞬間 この場所こそが私の原点である   そう強く感じると 突然、目頭が熱くなった   ASAMI-PARISコースや声の哲学 コンサルティングと専門分野に 特化し、枝分かれしている全ての 哲学の柱は、ここから始まった   オートクチュールレッスンである   現在のオートクチュールは 1レッスンが750ユーロであるが 2011年に誰のコネクションもなく 立ち上げ当初は20ユーロであった   そこから自分の成長の為だけに 価格を数回に渡り引き上げる事で 自らを崖っぷちに立たせ、敢えて 後戻りが出来ない状況へと追い込み 自分を奮い立たせてきた   言葉にすると簡単に聞こえるが 自分でも並大抵でない努力と 仕事人としての孤独に向き合い 決して足を止めずに積み上げてきた  …

0 commentaire

ハイヒールは凶器であった

瞬く間に2018年が過ぎようとし 息をつく間もなく いよいよ二日後の31日モナコへ発つ   昨日、パリに到着をされた ガブリエルさんが今日より オートクチュールレッスンを 受けられている   7月にコンサルティングを開始され それまでは彼女のBlogにも何度も 「ハイヒールは凶器であった」言葉が 今では信じられない   一つは足の痛みであり フラットシューズでも痛い状態が ハイヒールとは論外であった   その上、扁平足であった為 足の疲労が酷く、身体へ伝導し 座りながら仕事をしている時でさえ 疲労感が辛く仕方がなかったとの事   その上、彼女は腰痛持ちであった   私は長年の腰痛に悩まされ あらゆる方法を試したが どんな事をしても効果は無かった   朝、目覚めると腰に脳がついている…

0 commentaire

弱点を強化する

インスピレーションとは 突如として落ちるものであるが 一昨日のハイヒールレッスンから レッスンの動画を撮っている   これは海音さんのお陰である   兼ねてより海音さんは復習のためと Skype機能の一つであるカメラで 動画を撮られ、レッスンが終わると 動画が自動的に私にも送られてくる   以前にBlogでもご案内をした Instagramで公開をした動画が そうであり、録画された画像では 正面を二つに割り相手と自分との 両方を同時に目にする事が出来る   ちなみに本日ははEMBELLIRの Michiyoさんとのレッスンを Instagramに一部だが動画で 公開させていただいた   https://www.instagram.com/p/BqxH2_pg2yn/   Michiyoさんは残念ながら 顔を出すことがNGであるため 皇室のようなエレガンスを ご紹介が出来ず残念である  …

0 commentaire

扉を開いた瞬間

  扉を開いた瞬間   私の愛する BachのGoldbergが流れていた   最近は再び、無性に惹かれ 夕方、目的地へ向かう瞬間も イヤホンから聴いていた曲   一言に、敵わないと思った   何が敵わないかと云うと エネルギーが全く同じであり それは一ミリのズレもなく ピタッと重なっているのだと 衝撃的に感じた瞬間であった   異なるのは「性」だけである   昔は私に足りないものを 持っていたからこそ惹かれた エネルギーは今はエネルギーが 同じレベルになったのだと 扉を開いた瞬間に直感で感じた   エネルギーとは目で見れないもの   それも同じ周波数でなければ ラジオの周波数を受信するかの如く…

0 commentaire

美意識の習慣

人生のお気に入りとは?   Parc Astérix と Monaco   今朝、Peterに質問をすると このような答えが返ってきた ちなみに、Parc Astérixとは パリ郊外のテーマパークである     今回のモナコ滞在はPeterへの プレゼントも兼ねてであったが Peterもモナコが好きであるが それが、まさか人生の核になる程 好きであったとは私も驚いた   彼のパパであるBriceからは Peterとは本当にAsami そのものであると苦笑している   モナコの滞在ではPeterはホテルの プールで過ごす事と、お気に入りの 彼のカフェでお目当てのドリンクを 口にするのが彼のミッションである   礼儀正しく、レストランでも…

0 commentaire

美しさを取り戻す場所

モナコからパリへ帰る機内で 撮った一枚が冒頭の写真である   今回のモナコでのバカンスは エネルギーが最高の状態であった   ニースへ向かうため、飛行機の タイヤが地面から離れた瞬間 感無量で涙が溢れそうであった   このような開放感と自由 歓びとは、いつ以来であろうか   長くも深い冬を過ごしてきた私には 太陽の眩さを感じる人生の季節に 感謝と幸せで胸が一杯であった   この地球に生きる誰もが、必ず 存在する光と闇のコントラストに 今だからこそ闇の部分にでさえ 感謝で胸が溢れる   7月にストライキを避けるため Air France以外の航空会社で クルージングの為、バルセロナへ 向かったが、波動の異なりを感じ 次回はストライキになっても良い のでAir Franceと決めていた…

0 commentaire

人の身体のシステム

今朝は神戸在住である ÉBLOUISSANTのKumiさんとの プレタポルテレッスンもあった   いつもと異なり神戸ではなく 我が家から2kmもない距離での Skypeでのレッスンである   来週から始まるオートクチュールに 備えて、最高な状態で受けたいとの 一心で初めてオートクチュール前の 下準備としてSkypeでのレッスンを 受けられた   美意識の高いKumiさんらしいと 率直に感じたが、Kumiさんの 考えは正解であったのは長時間の フライトでの代償であった   45分と云う時間の中でリセットされ いつもの状態の身体に戻ったことに 私も安堵したが、人の身体とは これ程までに僅かな環境の狂いや リズムの異なりで如何様にも無意識の レベルで刻々と変わってしまう   リズムや環境が戻れば自然と私達の 身体とは戻ると捉われがちであるが そうではないと断言をさせていただく  …

0 commentaire