堂々と美しく生きる

今朝のInstagramより   今朝、目覚めると 嬉しいメールが届いていた   昨日、コンサルティングの クライアントである長崎在住 9 Neuve 貴子さんが卒業のため モニターレッスンの募集の告知を 致しましたが、ご応募が直ぐに あったとのこと   貴子さんの御心を想うと 私も居ても立っても居られない   以前、貴子さんが珍しく 弱気なことを仰ったことを 思い出した   長崎は都市でも地方都市でもなく その上、坂道も多い 本当にハイヒールの需要があるのかと   私は、こう答えた   ないと思えばない あると思えばある  …

0 Comments

ハイヒール×腰痛のトラブル

以前に何度か綴ったことがあるが コンサルティングのカリキュラムの 一つに毎週、メールの課題がある   記憶に新しいところだと 以下のタイトルで綴っている   フラットシューズで 受講することは可能でしょうか?   Blogでは感性を高めていただき メールの課題では理論を伸ばし 理論と感性の両方を養成してゆく 目的も含まれているがその効果は 大きなものである   Blogもメールの課題も個性が現れ 双方のニュアンスが同じ方も いらっしゃれば全く異なる方もおり これも又、素晴らしき個性となる   私からすると、どちらも等身大の ご本人であるが、お会いした事が ない方は本当に同一人物であろうか と驚かれると思う   シンガポール在住 Hermitage Hiromiさんは見事にBlogと メールの課題としてのビジネスを…

0 Comments

不安も恐れもない人生

昨日、Peterを迎えに行くや否や 「ママン、CE2に進級が出来る!」 と私に嬉しそうに告げた   フランスの小学校とは厳しく レベルに満たない場合は 小学校でも留年になる場合がある   一方でレベルの高い子供は 次の学年へ突然、進級する こともある   Peterのクラスメイトでも 昨年、学期の途中から進級に なった男の子がいた   突然の進級も留年も大きな 問題であるため、先生と父母 学校長や教育委員会での審議 となるようだが、そのような 意味でもフランスの小学校は 教育のレベルが高い   Peterは精神年齢は高いが 集中力がなく、何度か 学校に呼ばれたこともあった   私も進級が出来るであろうか ドキドキしていたが これでようやく一安心である…

0 Comments

膝のコンプレックス

私は昔から料理をすることに興味が 持てず、こだわった料理を作るのは 私よりパートナーの方が断然に美味しい   フランス人は確かに日本の男性と 比べると男女平等の意識が強く 互いに仕事をしていれば、その時に 時間が空いている方が子供の面倒や 買い物、料理をするのが効率的である と考える文化のため、女性は遥かに 日本に比べて生きやすいのは事実   しかし、フランスも過去には 日本と同じく男性が女性より 圧倒的に立場も力も強く そのような中、女性の権利を 確立するために立ち上がった 背景が近い歴史上に存在する   スタートラインは意外と日本と 変わらないが、何が、ここまで 日本と大きく変わるかは女性が やりたくないことに「Non」と 云える強さである   私は過去に結婚をした二人の 男性は日本の男性であったが 私の性格を知っているため 家事をするために自分の時間が 奪われた記憶はない…

0 Comments

美しさとは健全な身体が土台である

コンサルティングでASAMIさんの 言葉に耳を傾けているとルネサンス 絵画のリアルで美しい人物表現方法の 講義を聴いているようで惹き込まれる   身体のロジックについて考えると ダ・ヴィンチが描いた解剖の美しい 素描がふと脳裏に浮かんだ   歩くという事に特化し、美しさを 追求する点は「人体の理想の美」を 追求したルネサンス絵画の世界と何かしら 通ずるところがあるのではなかろうか   美しき気高い師匠ASAMIさんの 深い眼差しを見ては本当に この方は芸術家であるとしばしば感嘆する   9 Neuve 貴子さんが綴られた 巡りあう論理を割愛させて頂いた ものであるが、ハイヒールの 人体学をダ・ヴィンチの理論と 美しく重ねて表現をしてくださった   コンサルティングはサロンを 開くことだけが目的ではなく ハイヒールで適切な筋肉を使い 美しく歩くための理論を頭から…

0 Comments

フランスマダムのブランド「BAUM」

コンサルティングの中で クライアントの方々へお話しすると 意外であると驚かれることがある   それはレッスンの扉を叩く方は 8割、9割はハイヒールに興味が ない女性であったり、巷に溢れる ハイヒールに対するレッテルから 身体に良くないと植え付けられ ハイヒールに対して躊躇している方   若しくは腰痛や足の痛みで ハイヒールを履きたくとも 不安や恐怖からハイヒールと 共に生きるとは夢の又、夢と 思ってきた女性である   所謂、ハイヒールとは 無縁で生きてきた女性である   ハイヒールをこよなく愛し 日常靴とし履いている女性は 僅か1割、2割の女性である   これが意味することは誰でも どのような環境でも 年齢に関係なく、いつからでも ハイヒールの扉を平等に叩く事が 出来ることを意味するものである  …

0 Comments

美しさを狙いにゆく

モナコの温暖な気候に慣れた後 パリに戻っての洗礼は寒さでした   モナコ滞在中にPeterと遊園地へ 行った時にはコートを羽織らずに 歩いたことが信じられない程ですが パリとモナコの900kmの差を感じます   それでも飛行機で1時間30分弱で 南仏へ着く距離を考えると遠くは ないのですが気候は全く異なります   せめて冬の時期はパリの寒さを 避けるかのようにモナコに滞在 したいと感じる今日この頃です   先程、ÉBLOUISSANT Kumiさんとの プレタポルテレッスンのワンシーンを Instagramに公開を致しました   https://www.instagram.com/p/BsS_76uiW2O/   足を前へ運ぶ前に必ず爪先を後方へ 最大限に向けて足の甲を返して 膝を軽く折り、この準備をしてから 初めて足を前へ運ぶことはルールです   理由は足の甲を返さなくては足を前へ 運ぶ過程でヒールが床と接触してしまい…

0 Comments

ハイヒールは凶器であった

瞬く間に2018年が過ぎようとし 息をつく間もなく いよいよ二日後の31日モナコへ発つ   昨日、パリに到着をされた ガブリエルさんが今日より オートクチュールレッスンを 受けられている   7月にコンサルティングを開始され それまでは彼女のBlogにも何度も 「ハイヒールは凶器であった」言葉が 今では信じられない   一つは足の痛みであり フラットシューズでも痛い状態が ハイヒールとは論外であった   その上、扁平足であった為 足の疲労が酷く、身体へ伝導し 座りながら仕事をしている時でさえ 疲労感が辛く仕方がなかったとの事   その上、彼女は腰痛持ちであった   私は長年の腰痛に悩まされ あらゆる方法を試したが どんな事をしても効果は無かった   朝、目覚めると腰に脳がついている…

0 Comments

「自信」と云う名の革命を起こす

5回のオートクチュールレッスンを 受けられたガブリエルさんが仰った言葉   最も得たものは「自信」です   多くの女性をレッスンを通し お会いし、拝見させていただき 感じること   それは美しい女性こそ 「自信」と 闘っていることである   何故、このように美しい女性が と感じることは多々あるが それほど美しさに対する自信とは レベルが高い難題なのかもしれない   しかし、「自信」こそ 人生に革命を起こし、未来を 切り開く最大のエネルギー   自信なくしては外の世界に惑わされ 巻き込まれてしまい、他人軸で生き 結果、理想とする人生を手に出来ない   だからこそ、美しさに対する自信とは 女性にとっては最高の人生の武器となる   これがハイヒールで美しく歩く…

0 Comments

腰痛の最高の治療法はハイヒールである

私は数年前から、一方的に Asami先生を存じ上げておりました。   Asami先生が素敵な方なのは 発信されるものを通して 分かっていましたし早くレッスンを 受けたい気持ちはもちろんでしたが 最初は経済的に不可能でした。   それをクリアしたら今度は忙しく その次は自分に自信が無く なかなか連絡出来ずにいました。   Asami先生の波動に合う自分に なってからでないと、と 連絡をする事すら恐かったのです。   昨日からガブリエルさんとの オートクチュールレッスンが始まった   私がBlogを立ち上げた当初から オートクチュールを受けることを ビジョンとしてくださっていたので 2011年から2018年間の時の重み   私の知らないところで、このように 強く熱く想ってくださっていた事が 嬉しく、ガブリエルさんはレッスンを 飛び越えてASAMI-PARISチームである コンサルティングとして扉を開かれた…

0 Comments