僅か30分の威力

青空が美しい日曜日の夜   昨夜、家族とのディナーを終え エッフェル塔の前を過ぎたのは 21時頃であったが、今の季節の パリの夜空は青空である     二週間に一度の家族で集まる ディナーに昨夜は久々に弟の Florentが合流したことで 賑やかで幸せな一時を過ごした   更に大きくなった私のお腹を 目にしてFlorentは喜び共に 驚いていたが、小さな家族に Tiffanyが加わることの威力は 大きく、皆が楽しみにしている   Tiffanyが皆の心を捉える princessになることは間違いない   こちらは本日の声の哲学の ワンシーンであるが心から 驚いたことはクライアントの 意識のレベルの高さであった   https://www.instagram.com/p/Byhzr0RF1jG/   先ずは画面を開いた瞬間に…

0 commentaire

「声の哲学」特別期間コースのお知らせ

先程は全3回最終章のレッスンを ありがとうございました。   あっという間の3回でしたが 毎回、愛に溢れた和やかで美しい エネルギーが流れていて 何とも心地良いレッスンでした。   ASAMI先生の崇高なる エネルギーを受けるためか レッスン終了後はクタクタに 疲れてしまって、直ぐに心地良く 寝てしまいます(笑)   こんなにも充実をして、こんなにも 内容の濃いレッスンを受けたことで 既にわたくしの人生も大きく開けました。   こちらは「ASAMI-PARIS特別期間」 コースを本日で終了された女性からの 愛に溢れたメッセージである   今週で3回のセッションを終える クライアントが半数いらっしゃり 一方でスケジュールの関係で 今週から初回セッションが始まる クライアントが半数いらっしゃる   僅か3回で変化があるのかと 思われるかもしれないが…

0 commentaire

声にコンプレックスがある女性へ

恐怖の「声の哲学」が始まり 人の声を意識し耳を澄ませると 声が、エネルギーをこんなにも 左右するのかと愕然となり息が 止まりそうなくらい事の重大さに 気がつき卒倒しそうだった   残酷なまでに 声はその人を、全てを表す   コンサルティングで毎週ごと 迷子になった自分の声を手繰り 寄せてみるが心と声はいつまでも 寄り添えない海に漂うクラゲの様に 掴みどころがないまま4月を迎えた   でも「声の哲学」では 扁桃腺が腫れない私の声は そんなに変ではなかった   もうネタにはならないとホッしている   そう気が付き、これを書きながら 今やっと 自分の声を受け入れようと決めた   長崎在住 9 Neuve 貴子さんの…

0 commentaire

決定的な印象を決める「目の瞬き」

生きるとは何と壮大であろうか   青くも美しきパリの寒空と重ね 鳥肌が立ちながら、お気に入りの シャンパーニュを口に含み、想った   そして、パリにいながらも 愛する女性が全身全霊で奏でる 音楽を肌で感じる機会に感謝で 心が一杯になった   Le son de la Merの海音さんの Skypeを通してのコンサートは 私が想像する以上に素晴らしかった   私を含めコンサートに参加をされた 方々は自宅にいながら自分の空間で 偉大なアーティストの音楽を堪能し 世界の中でも幸運者であろうと感じた   大きなコンサート会場の利点より 私は以前に綴った教会でのピアノ コンサートや火曜日に赴く美術館で 開催されるコンサートが好きである   理由は表現者のエスプリを表情を…

0 commentaire

美学から誕生した世界

アナウンサーの養成スクールや 発声の教室に通ったことはない   私の「声の哲学」とは 完全にオートクチュールレッスンから 生まれたものである   目の前のクライアントの身体へ 身体だけではなく如何に声で クライアントの脳と身体と細胞へ 意識を入れるかの一心が積み重なり 生まれた私の哲学でもある   コンサルティングや声の哲学や プレタポルテレッスンもない時代に あるクライアントからAsamiさんは 声までコントロール、意識をして レッスンに捧げているのですね、と 仰った言葉が今でも嬉しく覚えている   決して表には出さなくとも 解ってくださる方には 解るのだと感じた瞬間であった   コンサルティングを立ち上げ 自分のメソッドを伝える際に ハイヒールの技術だけではなく 「声の哲学」は柱だと初めから 考えていた  …

0 commentaire

「間」の品格

今日からパリは冬時間へと移行した   日曜日の深夜3時   通常であれば3時1分を刻むが 時が1時間、後退し午前2時へと戻る これが夏時間から冬時間の瞬間である   日本との時差は7時間から 8時間へと変わり大きく影響を するのはレッスンの時間である   変わらない方もいらっしゃるが 1時間の差とは実は非常に大きく 夏時間と冬時間との間に於いて 時間の変更をお願いさせていただく クライアントも少なくはない   この期間は私は大変、苦手であり クライアントの方と何度も互いの スケジュールを確認させて頂き 何とか持っているようなものである   携帯やパソコンは自動的に時は 切り替わるがアナログである 腕時計やオーブン等は冬時間へ 変えなくては1時間、時が進んでいる   人間の脳とは数字をみれば 思い込んでしまえる単純な…

0 commentaire

裸の王様にならない為に

9月23日フランス時間12時19分に ハイヒールの哲学 第23章 「意識の薄れと癖」について ご登録のメールアドレスへお送り させていただいております   こちらのニュースレターは 「ASAMI-PARIS CLUB」への ご登録が必要となります   ハイヒールのニュースレターと なりますが、ご希望の方は登録 フォームよりお願い致します   日曜日の午後、英語レッスンの後 ゆっくりと映画を観たい衝動に 駆られて、映画館へ行こうと思った   しかし、未だ観たことがない映画 Grace de Monacoを思い出し 赤ワインを片手にプライベートな 映画館として空間を創り堪能した   こちらの映画が公開された際に モナコ王室が事実と反すると云う 批評を知り、この映画を現在まで 観ることはなかった…

0 commentaire

声と話し方で存在感を創りあげる

Facebook / Twitterより   先週末から「声の哲学」コースを 受講されたクラアントが開始し 30分も経っていないにも関わらず 「身体に一本の軸」が生まれたと仰った   ハイヒールの哲学に関わらず 「声の哲学」でも身体の軸が生まれ エネルギーが一気に変わる   「私も元の居た世界に戻れません」 この言葉を彼女は私に伝えた   「声の哲学」を受けられた方ならば こちらの文章をご覧になり 深く頷かれるのではないかと思う   そして、ハイヒールレッスンを 受けている方なら身体に一本の 軸が通る感覚も十二分に想像が し易いのではないかと感じる   エネルギーのレベルとは 僅かな意識の異なりと自らの 身体の使い方で瞬時に変わる   こちらのクライアントは私が…

0 commentaire

仕事を究めること

小学校で縄跳びをしている Peterが家で練習をしていた あまりのリズムの無さに(笑) リズムと指導をすると私の事を ピアノ以外は全く信用していない Peterは私が縄跳びを出来るとは 思っておらず、聞く耳を立てない それであればと縄跳びをして 見せたところで、ようやく私を 信頼してくれ「ママン、凄い!」 と驚いていた(笑) しかし、30年ぶり近い縄跳びの 威力に愕然としたのは(苦笑) 子供時代に出来ていた二重飛びは 一回しか出来ず、二回目のジャンプが 上がらず、その上、5回、ジャンプを しただけで全速力したような息切れ 大人になってからの縄跳びとは こんなにも厳しいものだと 思っておらず、子供の身体能力に 改めて感嘆した(笑) 本日はMaglieさんとの 「声の哲学」レッスンがあった 1年半ぶりにお会いするのと 一週間ぶりにお会いするのは やはり異なる嬉しさがある 生きる場所が例え異なれど Skypeのお陰で世界中の何処でも アクセスが出来ることは 昔であれば考えられなかったこと…

Commentaires fermés sur 仕事を究めること

日本語では習得が難しい理由

発声、発音、今までの日常生活で あまり気にしたことの無い世界   身体の使い方も全く違い ハイヒールで正しく歩く事を知った時と 似たような驚きと発見が沢山あります   同じ言葉でも話すときの声の出し方 声のトーンで全く印象が違います   初めての声のレッスン後 この声の哲学を試してみる 機会がありました   合わせて男性性・女性性・視線 表情・オーラの出し方・間の取り方   今、私の持てる全ての表現の限りを 駆使し、どれが功を奏したのかは 正直、未だ、分かりませんが私の意見が 通りました   学んできたことを活用したことにより あくまで私の感覚的ではありますが その時の私には、誰にもNoとは言わせない 気迫、オーラがあったと感じています   こちらはcamélia Ayakoさんが 過去に綴られた声の哲学を割愛…

Commentaires fermés sur 日本語では習得が難しい理由