満月前に想うこと

フランスは5月11日のConfinement(外出禁止令)が解除されるまで残り一週間を切った解除されても徐々にであり依然としてレストランやカフェ施設などは閉まる状態であるが人々の開放感は異なるであろう何せ二ヶ月間もの間監禁状態のようなものであった私は一ヶ月を超えたあたりに一度、メンタルが落ちたがそこからは窮屈さやストレスは一切、感じなくなった私の場合は外出禁止よりもモナコへ行けないことの方が重大であり残念ながら私の中のConfinementは7月末まで続く改めて昨年は妊娠をしていようがモナコへ命懸けのような状態で定期的に足を運んだが、今、思うと此処に意味があったのだと思っている貯蓄を崩して生きているが如く貯めてきたモナコのエスプリを崩しながら生きている日々である連日、モナコの単語が上がりお腹一杯かもしれませんが私はモナコのエスプリなくしてもはや生きれなくなってしまった何故かと云うとモナコから外れることは自分の軸がブレることであることを知っている自分がブレると云うことは私には「死」と同じでありだからこそ、今は貯めてきたエスプリを引き出しながら7月末を待ち遠しく生きている https://www.instagram.com/p/B_za-WOCaga/ 上記の動画はプラチナコースより二つの動作の違いを現したものである自分はと思っている女性こそ後者であることの自覚をすべきであると敢えて動画で載せさせていただいた世界には素晴らしい女性は多いが、しかし残念なことは表面にその素晴らしさが現れないことである理由は私たちの無意識な動作所作が美しさはもとより価値を品格を下げているからである全てのコースを受けられているクライアントの方が120パーセント仰るのは現実である自分と想像をしていた自分の品格の異なりである私は数年前から口煩くも自分の姿を動画で収められ、客観的にご覧くださいと申し上げているしかし、90パーセントの女性はまさか私ではないと間違った思い込みや、どこか他人事として捉えてられているだから美しくないのである正直に美しく在ることは難しいことではなく誰もが望む美しさを手に出来るその方法と努力が間違っており先ずは自分を客観視することが出来ていないことに問題が在る美しく在ることは表面的なものでないことを前提で申し上げるが大学試験を受けるよりも簡単であり豊かになるよりも簡単であるこんなにも簡単な美しさを何故、未だに手に出来ないか理由は明確であり理論と法則なくして無鉄砲な努力であること加えて「美しさ」に対して間違った情報の脳であり脳をアップデートしなくてはならないところにも問題があるこの世に誕生した瞬間はどこの国であろうが肌の色言葉に関係なく横一列であるそこから枝分かれになるのは教育であり、教育が習慣を作り習慣が人を作り、文化を作るこの過程と理論は非常に大きくパリと日本の決定的な美意識の異なりを子供の教育、観点から感じたこと決して遺伝子ではなく教育と習慣でしかないのである美しさとは天から与えられたものではなく、理論の元に生きているものに与えられるものしかし、注意いただきたいのは日本基準の美しさは世界と一層かけ離れたものを生み出すだけではなく貴女の軸を壊してしまい成熟さとかけ離れたものを生涯の自分として生きることになるためお気をつけいただきたい私は日本は北朝鮮と同等のレベル若しくは、それ以上だと思っているフランスにもマスメディアも膨大な情報も存在するが日本と異なり人は自分の頭で考えて判断をする力だけはあるそこの基準は何処からくるかやはり自分軸の強さである自分軸を作り上げることは正直にハイヒールの哲学と美学以外には不可能でありこのいづれかがないが故に今の日本が誕生してしまった日本のことを綴ると想いが強く批判的になってしまう自分もいるが、それほど何とかしたいと心を超え魂から湧き上がってくる美しさの哲学を継承されたコーチが日本を救うことを私は祈っており、ハイヒールと美学の両方からのアプローチは必須であると思っている私はと云えば、もう少し日本の女性への基盤を作ってから今、Briceが水面下で動いているフランス語版と英語版へ力を投入し自分の時間を少しずつ、そちらへと注ぎたいとの考えであるそのため、今、私が行っているポジションと恩恵を自分以外の女性へ渡せることも同時進行で行っていきたい目紛しい状況ではあるがそれでも使命がある故魂を削ってでも注ぎ続けたいそう、思うのである 連絡先contact@asami-paris.com◆本日のコンサルティングのBlog ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※愛情をいつもより感じた日 (ÉBLOUISSANT)エネルギーで表現できる芸術 (Le Sanctuaire)気の緩みと体型の緩み (Ravissante)はじまりの旅へ (9Neuve)華やかなマスクから伝わる臨場感 (Un Lys)締め切りを決めるということ (La Carrière)母の楽しみ (La tour des Esprits)Asami-Parisコースの3ヶ月で変化したこと (Belle passion)繋ぎたいもの (Lumière)Les trajet pour apprendre le français – フランス語習得の道のり (Prélude)※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

0 Comments
ASAMI-PARISのブランド
ASAMI-PARIS

ASAMI-PARISのブランド

Tiffanyとは何と強いのであろうと改めて感じた数日前から彼女は夜中に目覚め泣く事が習慣化していた一晩で4回とは出産直後の睡眠不足を思い出すが少しのミルクを飲むと眠るためあまり気にしていなかった何となく身体が少し熱い感じがしたが、あまり深く考えておらず意外と元気そうであったからであるしかし、やはり熱くはなかろうかと思い熱を測ると微熱があったが彼女は不快そうでなかったここで初めて夜中に何度も泣いていたのだと初めて気づいたのである第二子とは云え、Peterの時の記憶は仕事の立ち上げと重なり全く記憶にない状態であり何をしていたかも覚えていない現に娘が熱を出していることすらも気づかない母であるが何よりもTiffanyの強さであった 昨日のTiffanyより 夕方、Briceの父とマミーとFace timeで電話をするとTiffanyは足をバタつかせて嬉しそうに心から興奮していたやはり彼女は強いと改めて思った夜中に何度と目覚めても今は一人ではないので当時と比べると雀の涙であり楽であるとさえ思ってしまう大変な経験は苦しいので敢えて望むことはしたくないがそれでも経験が人を強くさせる私は仕事もプライベートも逆境を乗り越えての今があり私の人生を全て集結したものそれが「ASAMI-PARIS」であるパリで仕事を始めた当初はビジネスと云えるものでなくお小遣い稼ぎの一つであった出産後、語学も話せない私が出来る仕事とは経験を生かした歩き方を教えるものであり当時はハイヒールに特化をするのではなくWalking lessonでしかなかったそれが、いつの間にか自然と仕事を究めることにスイッチをしていたのだと思うが気づけば自分を追究していたのだと思う自分の成長のためと然るべきタイミングで価格を上げた事で様々な困難を克服し階段を昇ったそれはクライアントがゼロとなっても自分はこの対価以上に見合うものを提供するのだと覚悟を決めて厳しく生きてきたプロフェッショナルとは対価以上の仕事をすべきであり評価は自然と後ろからついてくる数字が良くない状態が続くと嫌気がさして自分の感情のコントロールが難しくなるがこれは企業人では分からない起業するとは数字がなくてはご飯が食べれなくなる現実がありこのストレスで人々は耐えきれず壊れてゆくのであるその壊れる方々に共通することそれは他者に責任転換をしその感情が嫉妬し行動に現れる私はあまり嫉妬をされる人間ではないが本当の意味の努力を知らない者や波動が無意識に下がった者から嫉妬をされる事が少ないがあった私は人から嫉妬されても動じないのは私の代わりに宇宙が掃除をしてくれる確固たる法則を知っているそして、私が何故、此処で人や方と表現の言葉を使わず「者」と表現をするかそれは人が何かを築くための水面下の努力を知らずして表面上の現実しか見れない小さな器の人間だからである 当時のBlogは閲覧者もゼロが続き、それでもBlogを綴り10人、20人と増えて行った それは何があってもひたすら毎日、継続した結果それに加えてタウン誌の広告も当時は継続して投資していた 売れないお笑い芸人が行うような地方公演のように小さな会合にアポイントを取りプレゼンテーション パリの日本食レストランに垢抜けないチラシを貼ってもらうために頭を下げた経験 未だ沢山あるが、多くの方が想像出来ないことを私は過去に行ってきての今がある 私は仕事には愛を注ぐが愛を注ぎ続けた結果分からない者には断固とし線を引く潔さがあるあまり私が線を引くことはなく、二度、三度と若しくは数十回とチャンスを与えるが線を引くと決めると鉄の女となるお小遣い稼ぎとし始めた仕事は自分を常に究め続けた結果意図せず気づけばASAMI-PARISのブランドが出来上がっていたこれは決して私の力ではなくコンサルティングを受けられる方々がブランドを壊したくないとの想いから生まれたブランドそれが「ASAMI-PARIS」である今までASAMI-PARISを本気で自覚をしたことがなかったが、決定的なのは今月の初旬に英語のLivelessonを行ったことであったこれ迄は個人としての挑戦だけで良かったが、万が一自分が失態すれば自ら創ったブランドの印象が壊れることこれは重圧でしかなかった多くのコンサルティングの方々の顔に泥を塗ってしまう責任もあったそれも最も人生で逃げていた語学と向き合うことであったこの時に初めて有名なスティーブジョブズ氏のインタビューの言葉が完全に重なったのである自分の会社を役員から解雇されたの彼の言葉と彼の無念さが深く沁みたまさに私もその感情であった私は言い訳をせずに向き合っている人が好きであり何とかして手伝いたいと思うしかし、言い訳をする者は一ミリたりとも手伝いたくない寧ろ、関わりたくないと思っているそのような私がシカゴ在住Aubade Megumiさんの動画と英語のBlogに感動した https://www.instagram.com/p/B_gdaVwpW-k/ 背景を知らない方が動画を見れば英語で話す彼女の姿に憧れを抱くだけかもしれないしかし、此処に至るまでにはMegumiさんの深い葛藤がありそれを最後の方で触れられている始まりのきっかけ英語のBlogが日本語のBlogより得意だった彼女が何時しか英語のBlogの間隔が暫く空いたいよいよと先週末にMegumiさんと向き合った止まったと云うことは必ず人の葛藤や苦悩があり私はある期間をみるこれは人の性格や生き方により異なるが、これも個人差であるがこれ以上と云う時に寄り添うその背景があったからこそ彼女が出した答えである美しき動画に心から感動したこの言葉を直接、ご本人へと思ったが、彼女の素晴らしさを一人でも多くの方へ知って頂き触れていただきたいだからこそ敢えてサプライズな形で届けたいと思った人には向かうべき課題が個々にありこれは決して皆、一律ではないそれでも私は向き合い続け答えを出して上げたいと思うMegumiさんがカメラの前で見せた笑顔とは奥深いものがあり葛藤と苦悩の結果、生まれた神聖なる彼女の魂である全ての方の人生に光と闇は必ず存在するが、闇を光へ変える清い魂が私の愛する世界ASAMI-PARISとはもはやハイヒールの哲学を超え一つの生きる真髄ブランドとなったそして、私はこのブランドをパリとモナコのエスプリと美学を融合させることに努力を更に続け、崇高なエネルギーを創り上げていきたいと思う 連絡先contact@asami-paris.com◆本日のコンサルティングの方のBlog ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※始まりのきっかけ (Aube)テキーラの真実とルブタン (La Carrière)子供の食事 (ÉBLOUISSANT)Santé! 乾杯! (Prélude)お茶目な出来事 (La tour des Esprits)何分何秒 (La lune)なりたい自分を追い越していく (Le Sanctuaire)変わらぬ美しさ…

0 Comments

自分に打ち勝った日

この世に誕生する前の魂のもう一つの課題は語学であると断言が出来る私は海外に全く縁のない家族に生まれ20歳までは、あまりにも海外に縁がないため、お伽話の世界であった一生、パスポートを持たないであろうと本気で思っていたフランスに暮らすことが分かっていれば若い時から語学をしていれば良かった何度、このことを思ったかフランス人とし生きているが私の本気でのフランス語のスタートは30歳を超えてから機能しない大人脳の時である大人になってから語学を学ぶことは正直に私は厳しいこれが旅行程度であれば良いが生きると云う意味では子供脳の何倍以上に勉強しないと不可能加えて私は仕事をし子供がおり言い訳であるが時間がないだからこそ、9年も住みながらフランス語はこの程度のレベル自分の語学のセンスの無さを自己否定のように感じるのであるパリに渡り、フランス国籍を取得すればフランス人となることを目にした私は夢となったようやく条件の年月が経過しいざ申請をしようとすると目の前に大きな壁が現れたDELF B1のフランス語試験を取得しなければ不可能とのこと語学には他の誰よりもコンプレックスを持っており語学試験と聞いただけで怯んだそして、ようやく数年後に非常に重い腰を上げて試験を受けることにしたが物理的に時間がない私は4時に起床して仏語の試験勉強をした奇跡的にも合格をしたが私は今もLuckだと思っているそれほど語学のセンスがなく家族会議をされた程であったがそのような私でも今は家族と話す時には何も考えずとも自然とフランス語が口から出てくる今回の英語での live lessonはコロナウイルスの状況の中欧州を含めて非常に微力ながらも何か私が出来ることがないかと考え決行へと移したイベントであった今の私にはフランス語の方が入りやすかったが、敢えて英語を選んだのはフランス人以外にも届けたいとの想いであったそれも決行は一週間後と決めた正直、この一週間は非常にしんどかった締めを決めることで人間が生み出す底力を知っているがあまりにも短か過ぎる期間だったこれが私、一人では絶対に、このような短い期間を指定しなかったBriceと彼の友人のお陰で勝手に日程が決められ勝手に告知がされたそこに反対をしなかったのは長い間、避け続けていたことに向き合う時だと分かっていた告知をすれば責任をもち有言実行をしなくてはならない草子さんの本日のBlogと同じく私も後に引けない状況となった以前の状況であれば私一人失敗しても笑って誤魔化せたが多くのコンサルティングの方がASAMI-PARISブランドを壊したくないと全ての方が切磋琢磨をしてくださっているこのような状況の中自分の不甲斐ない英語力でブランドを壊すことはするべきでないと何倍もの責任感がストレスとなっていた私もコンサルティングの方々と同様にASAMI-PARISのブランドを守らないとならないと感じただからこそ不甲斐ない英語でのイベントは自分の首を絞めることであった結果的に申し上げると英語での live lessonは美学の言葉がないが一言に「ダサい」の言葉以外にない目の前が顧客ではなくパソコンこのような状態の中で臨場感を持ちレッスンを提供することはビデオでも慣れているので苦でないが、何と云っても英語力である話している最中から英語が間違っていることが多々ありそれに気づいていたそれでも最後は課題を残しながらやり遂げた達成感で終え今に至る第三者の方が思う以上に私は本当に語学が苦手である苦手なものに敢えて向き合った残念ながら「ダサい」状態でも次なる課題が見えても自分に打ち勝ったエネルギーは大きいこの一週間はBriceとも仏語ではなく英語で話すことの努力をし続けたが、これが難しかった何も意識をしなければ仏語が出てきてしまうので脳の切替は正直に今も出来てはいない1日の仕事を終えた後に翌日のセッションの準備をしながら英語でのレッスンの準備を出来る限り取りたい葛藤があった本当はBlogさえも全て過去の記事で行いたかったしかし、私の中で魂レベルで交わした宇宙との契りがあり如何なる状況であっても日本の女性への仕事を片手間で決してしないことを誓っているためそれも出来なかった様々な葛藤と時間が交錯し何度も申し上げるが「ダサい」レベルでありながらも此処まで出来たことに、ようやく自分に打ち勝つことが出来たと思う後は一週間で確立した英語に投資したリズムを継続するだけであり、今回は完全に我がため そのためのlive lessonであったと思い、今は感謝で一杯である二日前から感じていたこと私はモナコ王室シャルレーヌ王妃のハイヒールコーチとしてイメージが出来た一週間前にフランス語ではなく英語を手にしたことは何となくであったが、今、考えると王妃はフランス語ではなく英語を話す今のレベルでは満たないが一週間前のゼロから現在に至ることを考えるとこの意識を継続すると狙えると確信をついただからこそ、自分に打ち勝ったこのエネルギーは私にとり非常に大きく何年、何十年と眠っていたエネルギーが動いた今日はパソコンの調子が非常に良くなくSkypeは3度も落ち資料もノートパットも開かず1日だけで4度もPCを再起動したそれほど、私にとり語学に向き合ったことそれもマンツーマンではなくパソコンだけを相手にlive lessonを英語で行ったこと本当に非常に大きいものであった昨夜は睡眠中も英語でレッスンをしている夢を見て人生で最大の寝汗をかいていた今だからこそ一層、コンサルティングの方々のお気持ちが分かるのであるあまりにもlive lessonは酷すぎるのでシェアしません(このように綴りましたが葛藤の結果、私の奮闘に何かを感じてくださる方がいらっしゃればと思いまして公開をすることにしました)→https://www.facebook.com/110438153935710/videos/o.209620507020177/787452001778226/?type=2&theaterしかし、これを機会に明日からいや、今、この瞬間から私は大きく前へ動くであろうモナコへのビジネス展開が本当に今回の件で自信となり私は此れ迄以上に精進すればいけると確信したパリ、Biarritz、モナコこの三つの土地に宿るエネルギーを日本の女性へ我が魂を通し伝えたい 連絡先contact@asami-paris.com◆本日のコンサルティングの方のBlog ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※卒業1週間を控えて (Le Sanctuaire)後戻りできない (La lune)Deep Thoughts (Aubade)卒業されるHiromiさんへ (La Carrière)最後から2日目のブログ (Hermitage)変化の必要性 (Belle passion) ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

0 Comments

我が人生を捧げる

有り難いことだと心から思うこの数日間は息をつく間もなく瞬く間に時が過ぎ去った感覚でありようやく愛するシャンパーニュを片手にBlogを綴っている自分の哲学を通して様々な方の人生をお預かりしている私はそこに背負い込むと云う重いエネルギーはないが人生を預けてくださると同じく我が魂と共に全身全霊で正に魂を捧げているセッションや通常のハイヒールレッスンは45分であるがこの短い一瞬に於いても8ヶ月と云うコンサルティングのような長い期間に於いても私は命を懸けて仕事に立っている昨夜もBriceとPeterから仕事に投資し過ぎであると云われたがそれが過多か否かは私が決めることであり、これは私の人生であると改めて伝えた出来事があったそこで彼らは私の人生に反対をしないのは仕事が私の人生であると理解しているからであり単に彼らは私の身体を気遣い言葉にしたことであるが私から仕事を取るとそれこそ病気になってしまう私にとり仕事とは自分の身体ツールを通して人へ社会へ地球へ宇宙へ貢献する事でありそのためであれば幸せである一方で私が幸いなのはモデル時代の経験から体調管理には徹底しており誰よりも繊細に身体の声を聞いており絶対に無理をしないため病気も少ないしかし、セッションやレッスンでクライアント一人、一人に捧げるエネルギーは半端なものではなく何時の日か、エネルギーの燃焼が原因でこの世を去ることが出来ればそれこそ我が魂の最高の幸せである何故、私が此処まで捧げるのか此れ迄の自分の人生が過酷で大変な思いをしてきたからこそ同じ境遇の方を助けたいのだと思うハイヒールとはツールに過ぎずツールは正直に何でも良かったのだと今だから感じるのである私の人生を羨む前に光と闇の法則を知れば決して私の人生を羨ましいと思えないのである光の強さと闇の強さは比例するそれでも今は脳科学のお陰で光と闇の法則を乗り越える脳を手に入れたことで今は先に述べたことは適用されないどれほど崖から落ちる瞬間の境遇であろうと明日が見えない人生であろうと全ては変えられこの苦くも重い乱気流の中を生き抜いてきたからこそ云える本当に人生とは変えられるのであるこれを私は各哲学を通して伝えたいのであり、誰にも平等にチャンスがあることも敢えてお伝えしたい諦めるならば私の門を叩いて欲しいこれは私の魂の声である期間が終わり去られる際には自己責任で如何に意識を保つことが出来るかも課題となるが先ずは生きる波動を変える事は大切である私が出来る事は人生を生き抜くために波動を上げて高い状態へ引き上げ伴走することが出来る必要なのは覚悟と努力である来週からコンサルティングの扉を開かれる女性が二人となりASAMI-PARIS Teamは新たな風エネルギーが流れることとなる一方でシンガポール在住Hermitage Hiromiさんの卒業が再来週ではなく来週4月4日となるため、彼女のBlogは今後、過去の記事も含めてご覧になる事が出来ない彼女の潔い選択である本日のBlogも愛に溢れいよいよcloseを迎える時である繊細な一歩を決めた貴女へ前回に続いてのご紹介であるが今後、二度とご覧になれないため残り一週間のHiromiさんの世界をご堪能くださいませ私はと云えばは多くの女性にこの恩恵を受けていただきたく明日も仕事に愛に生きるのである contact@asami-paris.com ◆本日のコンサルティングの方のBlog ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※引き戻された瞬間 (La lune)スローダウン (EBLOUISSANT)海からもらう、力 ( La Carrière)愛に生きるとは ( Ravissante)繊細な一歩を決めた貴女へ (Hermitage)波動の合わない人 (Belle passion)ビューティフルライフ (Aubade) ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

0 Comments

満月前の神々しい光と決断

昨夜、PeterとTiffanyと 外でディナーをし、家へ戻り 愛する我のアパルトマンを見て 心から幸せで一杯であった     家に戻り、ベッドの上で Baccaratのグラスに注がれた 赤ワインを口にしていると 強烈なインスピレーションが降りた   そして自分の背後に目を向けると カーテンを閉じ忘れていることに 気づき、ふと窓から空を眺めると 満月前の神々しい月が目に映った   この瞬間、インスピレーションに 従わなければドラム缶が落ちると 確信があった   私は魂の声には絶対に逆らえず 例え現実的に反するような事も 私は魂の声に絶対服従なのである   これをしなければ魂が許さず 愛あるドラム缶を落とす事で メッセージとして忠告してくる   今回のインスレピーションは Tiffanyをcrèche(託児所)へ…

0 Comments

成功者の香り

夕方、レッスンが終わり Alineのお店で花を手にし アパルトマンに戻った   両腕に花束を抱えている私に 同じアパルトマンに暮らす ムッシューと遭遇し、中庭で 暫く他愛もない会話を楽しんだ   私は今も昔も自分の暮らす アパルトマンを愛して止まない   アパルトマンの扉を開く瞬間 此処で生きている自分への誇りと 心からの幸せが内側から込み上げる   何度、この扉を開いているかは 分からないが、気分が上がって いる時も落ちている時も、この 二つの気持ちは色褪せることない   そして、エントランスを通り アパルトマンの中庭に辿り着く と神秘な力を最近は強く感じる   建物に囲まれた特別な中庭では ないが、此処に宿っている 特別な神聖なエネルギーを感じ 深く呼吸するのが私の日課である  …

0 Comments

穏やかな愛に守られて

素晴らしい再会の時であった   今でも、その方との余韻が響き 正直に今日は息つく間もない スケジュールに加えて、明日の コンサルティング、セション等と 準備もありBlogは過去の記事を 掲載させていただこうと考えていた   しかし、張り詰めた緊張感と 穏やかな空気が入り混じる あの素晴らしきエネルギーを Blogで伝えなくてはならない   そのような魂の衝動があり 実際に身体は疲れてはいるが 赤ワインを片手に綴っている   彼女の職業は医者である   オートクチュールレッスンに 宿る特別なエネルギーも含め 全てを愛してくださっている   クライアントとの動画である Instagramは美意識のスイッチを ONにする朝の儀式であると仰って くださった   私よりも一足先に年末はモナコで…

0 Comments

人生の究極な幸せ

今夜は三週間ぶりにPeterが パパの家へ泊まる土曜日である   二週間前はモナコのため 先週末はBriceが風邪を引き 彼が我が家で休養したため Peterがパパの家で父息子で 過ごすのは実に久々であった   どれほど息子を愛していても 父親にしか出来ない事がある   私は一緒に遊んであげられず 私の前では紳士なPeterは パパの前では無邪気な子供となる   2オクターブも3オクターブも 高いPeterの声でも彼が心から 嬉しく、興奮しているのが解る   彼にパパがいて 心から有り難いと思う   夕方、互いに仕事が終わり 近所のカフェでapéritifをし その後、彼らと別れた私は ノエル前で賑わうパリの街を 感じながら家へ着いた   そして、家の扉を開けると…

0 Comments

時を懸けたからこそ、得られるもの

今朝、Hiromiさんが送ってくださった   https://www.instagram.com/p/B5NhPz6I5GR/   右から二番目以外の女性と 西暦の2022年以外は本物である   実際は2019年のAwardsであるが 想像以上に自分のスイッチとなり 思考力と行動力に拍車が掛かった   同じ類いのPartyのソワレは 昨年の秋にモナコで経験して いるため、強い臨場感を持ち 想像がしやすいのは財産である   昨年の10月のモナコのソワレで 私は場違い、身の丈知らずとも 云える敗北感と共に会場を後にした   あの場所に在るエネルギーは 今でも覚えており、私が例え 英語やフランス語を巧みに使い 会話しようとも同じ敗北感で あったのだと思う   世界基準で比べた際の自分の 完全なるエネルギーの低さである   モナコのソワレの二ヶ月後…

0 Comments

撮影を終えて

今朝、携帯の液晶画面に 「Monaco」の表示と共に 着信が鳴った   昨夜、元旦のモナコ行きの フライトをようやく購入し それに合わせてレストランの 予約をし、確認の電話であった   元旦で過ごすモナコのホテルは 8月に部屋を抑えていたが フライトは未だ先であると思い 取っていない状況であったが 11月に突入した処で腰が上がった   電話であるにも関わらず その向こうにモナコの風を感じ 朝からモナコのエネルギーに 包まれ幸せな1日であった   今日は朝からビデオ撮影を行っていた     僅か10分程のビデオ 「ハイヒールで治す身体のトラブル」 であるが、最終的に5時間を要した   今回からプロフェショナルの カメラマンへ依頼をする事で クオリティーの良いものへ…

0 Comments