愛する食 × 理想のBody

私を高揚させる香り それはトリュフである   トリフュには本当に目がなく 香りだけで人をこんなにも 幸せにさせるものが在るのだと 思わず溜め息をついてしまう   1日のレッスンが終わった夕刻   今度はパソコンと共に第二の 仕事が始まるが、そこには 片手に愛するシャンパーニュ ワインと共にトリュフのチーズ   チーズはBriceが仕事の帰り 購入してくれることが日課と なっており、熟成され溶けた チーズと気高いトリュフの香り   食は人の価値観を変え 人生の豊かさも変える   私がフランスで生きる方が 幸せなのは世界で最も好きな 料理がフランス料理である   日本で生きていた頃は 美味しさよりも栄養面や カロリーのことであった…

0 Comments

食事制限をするべからず

昨日の夕方、ふと Ritzで過ごしたいと思った   自分の家のエネルギーが 心地良いこともあり 崇高なエネルギーを求めて 何処かで時を過ごしたいとは モナコ以外は思わなくなった   しかし、日曜日の夕方の Ritzは予約しなくては 満席で難しいため家族との ディナーの時間を考えると 場所を変える時間は許され なかった   その為、確実に時を過ごせる Park Hyattにしようかと 一瞬、思ったが、昨日の私は Ritzのエネルギー以外なかった   まさにASAMI-PARISコースの 実践編であったがヴァンドーム 広場を目にしてから私はモナコの 崇高なエネルギーを臨場感を込め 味わい尽くしていた     波動の共鳴の法則を逆手に取り…

0 Comments

理想のBodyを手にしたいならば

パリらしい寒さが続いている最近   いよいよ、食事の量と内容を 変える季節(とき)が 到来したと歩きながら思った   私は寒さを洋服で解決しようと 思わず、食べることで解決する   理由は洋服を着込むと身体の 意識が半減され、それに比例し 美意識が消えてしまうため 冬であっても着込む事はしない   如何なる強靭なマインドの 持ち主であったとしても 視覚で確認が出来ないことに 対して私達は意識が出来ない 動物であることを知っている   美しい脚を手に入れたいなら 脚のラインを直視出来る 膝上丈のワンピースかスカート   パンツやロングスカートは NGであり、仕事の関係上 出来ないのであれば家では 意識のために美意識が上がる 洋服へ着替えれば解決出来る  …

0 Comments

コンプレックスを自信へ変える

今朝のInstagramより   偶然にも数日の間に フランス語と英語を話す 自分の動画を目にした   日本語鈍りが美しさを消して いたが、それでも日本語を話す 自分よりオーラがあり美しいと思った   この瞬間 いよいよ、この時が来たのだと 覚悟と決意が出来た   語学のような技術的なものは 勉強するだけで解決出来るが オーラを醸し出すには数年の 歳月が必要である   ようやく、ここまで 辿り着いたのだと思い 私は再び、起動修正を掛けた   最近は何処かモヤモヤする ところがあったか この答えに辿り着き 目覚めた今朝はエネルギーに 溢れている自分に驚いた   焦点を何処にあてるかで…

0 Comments

理想の身体と奇跡

明日の水曜日に愛する彼女が 日本へ帰国するため午後から Briceが働くブラッスリーで 愛溢れるランチの時を過ごした     愛する人と過ごす日々は 私を一層の愛で満たしてくれ 日常の全てが愛だけとなる   自分が変われば周りが変わる   これは真実であり自分が愛で 生きているか否かは取り巻く 現在の周囲をみれば明確である   勿論、様々な法則が絡み合う この世界では一概には云えないが おおよそが真実である     理想のBodyメイキングコースを 受けられたクライアントが 三週間を終えたご報告をしてくださった   我ながら、こちらのコースは 自分の想像を超えた結果を 頂戴するため、驚きを隠せない   ASAMI-PARISのスピリットは…

0 Comments

美しさは数字で測れない

育児は大変だとは思わない   では、何が難しいか   如何なる時も心を乱されず 私と云う人間が時間にも感情にも コントロールされることなく 私が時間と感情をコントロールし エレガンスに生きることである   習慣となると人間は慣れる為 1ヶ月も過ぎればこの生活が 当たり前となり、適応能力は 著しく成長した   Tiffanyの授乳やオムツ交換と レッスンとの絡みであったり 突然の出来事に対処するために これまで以上に時間を前倒して 行動をしている   人生で最も優先しているのは 決して急いだり、慌てたり しないことであり、これだけは 育児中であろうと徹底して守り 今も現在進行形で貫いている   これは私の美学の柱である   いつの頃からかTiffanyは…

0 Comments