私の愛するオートクチュール

昨日、ご案内させていただいた
ASAMI-PARIS オンラインセミナー
「逆境をチャンスへ変える」への
お申し込みをいただきまして
深くお礼を申し上げます。


何名かの方は①から⑥の全てを
とのことでの声も頂戴しまして
心より有り難く思います


未だ、全ての返信を終えてない為
本日は過去の記事より失礼を
させていただきます


「逆境をチャンスへ変える」の
セミナーのお申し込みは
8月15日までとなっております為
この機会をご利用くださいませ


ASAMI-PARIS オンラインセミナー
「逆境をチャンスへ変える」




今朝、目を覚ましたと同時に
何とも云えない身体の疲労感があった

今日はBlogを綴らずにエネルギーを
蓄えて映画をゆっくりと見て早目に
就寝をしようとシナリオを描いた

原因は明確であり、生理がいつもより
早く訪れた事、又、これまでの猛暑の
影響に加えて、間もなく訪れる新月の
影響である

しかし、クライアントとの
レッスンが始まると思い描いた
シナリオが嘘のように消えた

改めて仕事が如何に自分の
エネルギーを循環させてくれるか

エネルギーとは決してなくならず
使えば使う程、エネルギーが循環され
その循環されたエネルギーが自分へ
再び、戻ることで何時も流れている
感覚が私のエネルギー状態である

僅かなエネルギーの状態で人の
身体とマインドにここまで大きく
影響をすると不思議な朝であった

今はASAMI-PARISブランドとし
ハイヒールレッスンから声の哲学
美しく在るためのマインドの確立
世界基準の美の哲学やセミナー等
広がった私のビジネスであるが
全ての土台はオートクチュールである

7年前、パリで立ち上げた当初は
無料のお試しレッスンを設けて
いた時期もあったが、それは決して
安売りではなかった

一度でも、経験をしてもらえば
必ずレッスンを申し込まれる
確固たる自信があったからこそ

その積み重ねが、ここまでの歴史を
創ったが、この7年間を振り返っても
「コツコツ」と「努力」以外の言葉は
思い浮かばない

今では門を叩かれた誰もがサロンを
開けるようにカリキュラムを作り
そこには必要であるカリスマ性や声
話し方の哲学も組み込んだ上の土台を
創り上げたが、改めて振りかえると
このコンサルティングは本当に私の人生
そのものであると感じた今日であった

例えば、今では誰もが耳にする
当たり前に存在する宇宙の法則も
過去を生きた賢人が生き方を通し
何度も試し、実践し、検証してきた
土台があるからこそ形となり現代に
受け継がれたものである

その法則を知り、実践をすれば
宇宙の法則と共に生きることで
誰もが豊かな人生を歩む事が出来る

宇宙の法則と同じく、自分の人生を
懸けて築き上げたものが女性の今後の
武器となるハイヒールの哲学であり
声の哲学も含めて、実践をすれば必ず
女性としての凜とした人生を生きられる

その全てのベースがマンツーマンで
行ってきたオートクチュールである

Skypeを開設してからはパリまで
足を運ぶ必要もなくなり利便性もあり
プレタポルテのレッスンが大幅に
オートクチュールレッスンの回数を
上回ってしまったが、それでもパリでの
マンツーマンのレッスンでは1500回弱

私の場合はクライアントが外国から
お越しになる方ばかりで今は13カ国
となったが、一度たりとも緊張感が
緩むことなく、私は魂で目の前にいる
クライアントに向き合い続けてきた

そのお陰で
今のASAMI-PARISブランドがある

全てはオートクチュールレッスンを
愛してくださる方々のお陰で今の私が
存在し、ASAMI-PARISが存在するの
だと改めて感慨深い気持ちである

感謝と云う言葉が追いつかない程
心から有り難い、との一言である


2018年8月9日のBlog
「私の愛するオートクチュール」より





今月のASAMI-PARISコンシェルジュは
「自信の美学」です

今月限定のテーマとなりますので
ご興味のある方は以下をご覧ください

8月のコンシェルジェ「自信の美学」



連絡先
contact@asami-paris.com


◆昨日のコンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

美が宿る場所 (9Neuve)

何度でも這い上がる (Lumière)

どんな時もブレずに生きる (Éternité)

レッドカーペットを歩くようにエネルギーをコントロールする (Ravissante)

フレンチレストランにて (La Carrière)

自分の良さをもっと知る (Le Sanctuaire)

自分を貫く (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※