Canicule

今朝、ある男性にハッとした

遠目でしか見えない
距離にも関わらず私の心を
掴むには十分であった

颯爽と歩くパリジャンの中で
一際、目立っていたその男性は
クリーム色掛かった白の上下の
スーツを着て歩いていた

白のスーツが似合う男性とは
フランス人でも多くはない

上下の白のスーツは自分に
自信がないと着こなせない
装いであり、僅か数秒の間に
目に飛び込んできた映像が
1日中、頭から離れなかった

人の心を虜にするとは
このようなことである

衝撃とも云えるインパクトを
私に与えた瞬間も日常の中の
奇跡であり映画のようであった

今週からフランスは猛暑であり
実は先週から猛暑となる警報が
発令をされていた

特にパリの夏は東京のように
暑くはないため、暑さに
慣れていないからこそ特別な
猛暑が訪れると警報が出される

今は南仏よりもフランス中部や
北部の方が暑く明日も40度近い

最近は異常気象で暑い日が
続くことはあるが基本的に
パリの夏は日本のような
凌ぎにくい暑さではないため
一般家庭にはエアコンがない

エアコンがない状態で35度を
超えると対処法は扇風機と
シャワーと云うアナログ式となる

月曜日から始まった猛暑に
苦労しているのは足(脚)の
浮腫みが半端でないことである

妊娠後期の特徴の一つには
身体、脚の浮腫みも代表的
であるが、ここに気温上昇が
加わったことで私は数年間も
味わったことがない浮腫みに
悩まされている

しかし、ここでもハイヒールから
学べることがあり、興味深かった

今朝、全く15センチのプラット
フォームのルブタンに足を入れる
ことすら出来ない状態だったが
学校へ届けに行く際に12、5cmの
クラシカルタイプのルブタンを
履いた後に足を入れると嘘のように
難なく入ったことであった

相当の筋肉を使って歩くと
血液循環で足の浮腫みとは
取れることの証明である

又、プラットフォームタイプの
ハイヒールは厚みがある分
甲の幅も広く作られていると
思い込みがあったが、実際に私は
浮腫むとプラットフォームタイプが
入らなくなる

15センチのプラットフォーム
14センチのプラットフォーム
10センチのクラシカルタイプ
12センチのクラシカルタイプ
12、5センチのクラシカルタイプ

上記はいづれもルブタンであるが
このような順番で窮屈に感じるため
ハイヒールで自分の浮腫み度合いが
分かるのはホームドクターである

12、5センチのクラシカルタイプが
入らなくなったことは未だないが
二つのプラットフォームタイプが
浮腫みで入らない場合の秘密兵器は
Zanottiのハイヒールである

昨日と今日は午後からルブタンの
プラットフォームが全滅であった
ためにZanottiで室内を歩いたが
Zanottiが登場する時とは私にとり
警告ランプである

浮腫みが最高レベルであり
手を施すことを教えてくれる
メッセージである

このようにして私はハイヒールから
教えてくれる身体のメッセージに
向き合い続けている

明日と明後日は猛暑の沸点で
あるが、そのような中で
Tomokoさんがオートクチュール
レッスンに挑まれる

オートクチュールレッスンで
最高のパフォーマンスを出すため
先日、パリへ到着されてから
プレタポルテレッスンを受けられ
身体の調整をされていた

この猛暑の中、互いに
魂と魂の勝負とも云える


明日からのオートクチュール
レッスンに備えて、今日は
身体を早く休めて私も本番へ
備えたいと思う

全ては私の作品である
最高のオートクチュールレッスンを
全身全霊で捧げるために

見ず知らずの人に
「女性」として
特別に扱われたことがあるか

この経験がどれほど
女性に自信を与え
より美しくさせてくれるのか
言うまでもない

私が初めてこの経験をしたのは
ASAMI-PARIS のハイヒールレッスン
(オートクチュールレッスン)を
受けるためにパリを
訪れている時だった

こちらはRavissante 愛さんの
女性として自信をつける」の
Blogの冒頭であるが特別な力が
宿っているのがオートクチュール
レッスンである


2019年6月26日のBlog
Canicule」より



◆昨日のコンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

弱点 (Lumière)

美学と共に (Ravissante)

Faire quelque chose de bien pour l’âme
– 魂にとって良いことをする (Prélude)


メキシコの神さまからの贈り物 (La Carrière)

なぜ常に挑戦し続けるのか (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※