宇宙の取り扱い書

花束

昨日は夕方から満月の影響で
身体が突如とダウンして
非常に早い時間に眠りに就いた


私は新月や満月は直前に身体や
マインドに影響を受けるため
工場の流れ作業のように自分で
対策を取る事で、こなしている


お陰で今朝は完全に通常の身体へ
戻り改めて身体とエネルギーの
繋がりを感じたが、このような時


私の身体とは細胞レベルで
モナコのエネルギーで満たされ
身体の何処を叩いてもモナコの
エスプリしか出てこない状態である


その瞬間、ある感情が込み上げた


崇高なエネルギーの中で
日々を生きたい
このように心から強く想った


私の魂とも云える声
この声が聞こえたのも
愛するモナコに一足先に
私の魂が向かった証拠である


脳科学でも量子力学でも
意識こそ宇宙を動かす力


意識が目覚めるとは
莫大なエネルギーを生み出す


女性とは、これは女性だけでなく
男性もであるが意識が目覚めると
人生に一つの変化が現れるまでは
そんなに時間が掛からない


ピンポイントな意識を注ぐと
見違えるような別人になるまで
一週間も要さないのが事実である


私の経験から変化をするには
先ずは変化をする覚悟をする事


意外と多くの方が覚悟に対して
重要視をしていないが
覚悟なくして宇宙とは動かない


例えばAとBのどちらが私の
人生でしょうかと宇宙や神に
委ねても実際は答えてくれない


これは他力本願であり
宇宙は他力本願を好まない


私はAであると覚悟を決めて
行動へ移すと宇宙からの
無限な愛であるエールが注がれる


しかし、一方で努力をし続け
これ以上は努力の余地がない
と云う状況に対しては宇宙へ
丸投げをし経過を見る事も出来る


これは「やりきった」と
自信を持って云えるまでに
努力をした場合に限る


宇宙の「取り扱い書」は
シンプルでありながら
複雑に絡み合うのである


これを私の実体験から伝えると
昨年の今頃はTiffanyを妊娠し
パリの中心地のアパルトマンを
一人で払い、Peterを抱えながら
妊娠期の身体と表裏一体で生きて
いた状況であった


一ミリでも思考を間違えると
未だフランス国籍も取得を
しておらず、この国に暮らせる
確証すらない状況であった


しかし、私はモナコへ滞在する
ことへの覚悟を決めて、航空券
ホテルを購入すると宇宙とは必ず
動いてくれることを体験してきた


当初は不安や恐れと隣り合わせで
あったが、その一ミリの思考に
負けると現実に流されてしまうため
私は脳科学を使い現実に向き合い
そして覚悟を決めて行動へ移してきた


リスクとの隣り合わせは全て
脳科学で払拭をし現実を変え
結果、私はお釣りが来るような
人生であったが、全てはゼロ以下


マイナスの状況であった


今の私は宇宙と会話をしながら
生きているが、そのスキルは
辛い過去の経験があったからこそ
自分で切磋琢磨し、開眼し続け
今に至る


しかし、これも法則であり
私は教科書も見ずして
自分の経験と体感値を言語化し
宇宙の取り扱い書を見つけた


それは、此れ迄の人生を捧げ
投資をしての財産としか云えない


宇宙の取り扱い書は
非常に繊細な部分であり
此れこそ各々の人生の
具体例と共に挙げないと
難しい領域であると感じる


「宇宙の取扱い書」は
今月の18日からセミナーとし
シェアをさせて頂こうと思います


スケジュールの関係で前回の
ように限定とさせて頂くため
ご希望の方は事前に予約と云う
形で承りたいと考えております

本申し込みは余った枠で
ご案内をさせていただきます


ASAMI-PARIS オンラインセミナー
「宇宙の取り扱い書」

※Skypeでのプライベートセミナーとなります
※107ユーロ (45分)
※セミナーはPayPalでの決済となります


今はモナコへ行く前のためか
強いインスピレーションが降り
私自身も消化を迅速で行いながら
宇宙からのインスピレーションの
速い流れに負けずにシェアをさせて
いただきたいと思います


モナコ



連絡先
contact@asami-paris.com


◆本日のコンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

母に、なりたい (La Carrière)

庭を思う (La lune)

身をもって学んだこと (Lumière)

モナコに浸る1日 (Ravissante)

想いを馳せてみる (La tour des Esprits)

妹のこと (Belle passion)

Quand notre énergie commence à changer
– エネルギーが変わる時 (Prélude)


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※