心豊かに我が愛に生きる

本来であれば私の任期はあと1年というところであったでもその任期を前に倒して帰国させてほしいと自分から手を挙げたのである苦しかったその決断に至るまで本当に悩んだ本来であれば私の任期はあと1年というところであったでもその任期を前に倒して帰国させてほしいと自分から手を挙げたのである苦しかったその決断に至るまで本当に悩んだそして、神さまでも宇宙でも誰でも彼もに祈る日々だったそれぞれの人たちのことを考えると胸が痛く、ただ、辛かったあと一年、彼らの成長のために私ができたことも絶対にある でも私は自分の年齢と置かれている現状を理解した そんな中決め手となったことは仕事の代わりは誰かにお願い出来ても遺伝子を残す代わりはどこにもいないのだという 事実を改めて考えたことであった私は母になりたい その事実にもう背を向けるのはやめようそう思って決意を上司に伝えたこの文章に心が揺さぶられたのは恐らく私一人だけではないであろうメキシコ在住 La CarrièreMarikoさんの昨日のBlog新しい旅路への言葉であるこの7月にメキシコを離れ一時的に日本へ戻られる理由が赤裸々に綴られている人生をセンスよく生きるとは決して押すだけが全てではなく風を詠み引くことも大切である但し、Marikoさんの場合は引くだけではなく一年以上も耐え続けてきた苦悩がようやく花開き、今は風が彼女に吹いた彼女の引く行為は実は最強の押すことを意味し、全ての苦悩を乗り越え、今は宇宙が完全にバックについた状況であるこの風を詠むスキルこそ人生を生きる武器である人が感動、感嘆するのは芸術や音楽だけではない正に、人の生き様である加えて人を想う心それこそ、愛である 今朝思いがけず、みどりさんからメールを頂きました。息子の一颯の為にグルテンフリー療法に関して詳しい話や、ご本人の経験談そしてお知恵を頂戴し本当に胸が一杯です。 みどりさんは愛に溢れた素晴らしい方ですね。お忙しいはずなのに、時間を削って息子の為にメッセージを届けてくださったことが本当に感動いたしました。こちらはLes Caprices 凛さんより昨日、頂戴したメッセージであるLe Sanctuaire みどりさんの愛に感動された凛さんが私に教えてくださった愛に溢れたエピソードであるみどりさんは私とのレッスンで一切、そのことを仰らずにただ、ただ凛さんの御子息を想い凛さんへメッセージをされたことに私は深く感動したそして、その事実を私に伝えてくださる凛さんにも愛を感じ何故かと云うと日本時間の零時を超えた深夜のメッセージであった1秒でも早く就寝されたいところ魂を削り伝えてくださった凛さんの愛にも感銘を受けたお二人が双方を想われる愛に感動しかなかったそして、一言に美しかったASAMI-PARISのチームの方々が互いに想い合い、尊敬し合い自立し合いながらも必要な時には例え、距離が離れていても助けてあげたいとの魂の愛に深く感動するこれこそ今の地球に必要な愛の形だと思っている純粋に人を想う心これも美しき芸術である今の宇宙レベルでは嘘も全て包み隠さず表面化するが素晴らしいことに関しても表面化されてしまい隠せない凛さんとMidoriさんのお二人の美しき愛のように美しさとは魂の純度であるそのためには心に余裕がないと人を思いやるどころか自分さえ客観的に見ることが出来ない心の余裕を奪うものは忙しさそして、理想と反する現実正に深く息を吸えない状態であるだからこそ、日頃から自分が深く呼吸をしているかを客観的に確認をする必要がある小さな意識ではあるが人生への恩恵は計り知れない豊かさを生み出すためには引き算方式で人生を歩むことそして、何かに追われない環境を努力して作りあげること美しさとは脳を使うだからこそ私たちは脳を休ませて生きていてはいけないのである https://www.instagram.com/p/CADnVf-Ctu7/ 連絡先contact@asami-paris.com◆本日のコンサルティングの方のBlog ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※膝を閉じる (Aubade)卒業論文(コーチとしての自覚と覚悟) (Ravissante)動力にも足枷にも (La lune)TVとの決別 (Lumière)Quand je décide quelque chose, je le fais – やると決めたらそれをする…

0 Comments