私たちを創りあげるエネルギー

5月28日までのお申し込みに限り
「声の哲学コース」特別期間とし
期間限定価格で提供しております
 

詳細は、こちらをご覧くださいませ

「声の哲学」特別期間コースのお知らせ

 
 

パリへ移住した当初
私が驚いたことの一つは
野菜や果物の価格であった

 

日本とは比べものにならない
お手軽な価格であり購入時に
得した気分であったのは今でも
覚えている

 

私は果物や野菜は近所にある
Bioショップで購入しており
日用品はスーパーマーケットで
購入し、切り分けている

 

家の近所にあるCAUSSESで
野菜や果物を購入することが
多いが、同じアパルトマンに
暮らす住人のファンも多い

 

                           CAUSSES

 

そのため、顔を合わせることも
多々あるが、パリでは女性だけ
ではなくムッシューや若い男性
また、高齢者の方もBioの店を
利用していると感じる

 

ÉBLOUISSANT Kumiさんが
Parisのスーパーマーケット
紹介されていたBio Coopは
Peterの学校の近くにあるため
時々、利用しているが、それほど
パリはBioショップが充実している

 

Bioとは表記されていないが
ギャラリー・ラファイエットに
メゾン館の地下にある食料品も
利用することは多々ある

 

品質が素晴らしく、それは
私は果物や野菜、お肉など
エネルギーの素晴らしさだと
感じており、口にする際の
心で感じる五感が強くなる

 

数日前からメゾン館の前に
夏限定のアイスクリーム屋が
Openし始めた

 

Peterを学校へ迎えに行った
その足で彼が大好きで
たまらないアイスクリーム作戦で
メゾ館へ向かうことも増えてきた

 

    ラファイエットの食品売り場

 

料理が好きでない私は凝った
料理を作ることはないが
その分、質の良い素材は大切
であると思っている

 

栄養素が高い低いより
野菜や果物から放たれている
エネルギーで手にするか否かを
決めているが花も一緒である

 

欠けたエネルギーであれば
栄養素が例え良いと云われても
体内で欠けたエネルギーが廻り
自分の身体だけではなく波動も
作られてしまう

 

エネルギー太りが一例である

 

体内や心のエネルギーが悪ければ
何を食べても、何を食べなくとも
不健康な太り方をしてゆく

 

私はエネルギーだけで人生を
切り開いているようなもので
あるからこそ強く云えるのは
食品の栄養素云々よりも自分の
エネルギーを高く保つことへ
努力をするべきだと考えている

 

エネルギーが良ければ全ては
循環良く、浄化されてしまう

 

心の状態を保つには女性は
緊張感は欠くことが出来ないが
緊張感とはエネルギーを循環させ
活き活きとさせる素晴らしい
効果もあるため、使わない手はない

 

先程は新たな扉の幕開けとなる
「声の哲学」第1回目のレッスンを
ありがとうございました。

 

長いこと無意識に発していた声と
瞬きなどの振る舞いを意識して
変えていくことはとても難しく感じる
と共に、少しの変化を感じた時に
自分のエネルギーが重厚感のある深い
魅力が出ることも感じました。

 

自分の体内に入るエネルギーも
妥協してはならないが自分の身体を
通して放たれるエネルギーも同じく
決して妥協してはならない

 

全ては宇宙の法則の一つ
波動の共鳴が作用しており
無意識に放ったエネルギーが
同じ波動のものを引き寄せ
現実に現れるからである

 

歩き方、声、美学の全てに於いて
云えることは、そこには自分が
放つエネルギーが含まれていること

 

そして、意識をしていようが
意識をしていまいが関わらず
宇宙の偉大な法則が作用している

 

人生を変えたければ自分が
放つ波動を変えることは
必須であり、そのための方法が
ハイヒールの哲学、声の哲学
美しさの哲学である

 

法則とは複雑でありながら
シンプルなのである

 

最後に福岡在住
Les Caprices 凛さんとの
ハイヒールレッスンの動画より

 

 

contact@asami-paris.com

 

◆本日のコンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

全身全霊で清く沈む(ご報告)(Le son de la Mer)

Parisのスーパーマーケット (ÉBLOUISSANT)

規則だらけの日本 (La Carrière)

柔軟性の大切さ (Belle passion)

イヒールで目覚める (Les Caprices)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※