一流のエネルギーを纏う

ハイヒールサロンを開いたことで
一つ一つ別の物だった
私の美しい世界が繋がった



点と点が繋がるの一節
美しい文章に思わず、心惹かれた



この言葉の深さが分かるからこそ
私も同じくして、美しい世界を
心から愛しているからこそ惹かれた



カトリーヌさんのエネルギーは
画面越しでお会いする度に
輝きが増してゆくだけではなく
その強さも増しているのを感じる



エネルギーとは目に見えないようで
明確に見えるものであり
これは絶対に嘘がつく事が出来ない



最近、私のBlogに頻繁に登場する
GIVENCHYの真っ赤なコート
今朝、ふと、このコートを纏いながら
素足のエクササイズを行おうと思った



そして、鏡に向かい歩いている際
雷に打たれたかのような衝撃であった



普段とは異なる自分の姿に加えて
これこそが共鳴をすると云うこと
であろうかと、烏滸がましくも
初めて味わうような感覚であった



一流のエネルギー
エネルギーを纏うと云うことは
何と云うことであろうと



一流のエネルギーを纏うと云うことは
宇宙のエネルギーそのものを纏うこと
このようなことを強く感じた



そして、一流のエネルギーを纏うとは
一流のエネルギーと共に生きるとは
私にとり、魂の歓びそのものであり
このエネルギーに共鳴するために自分を
成熟させて生きていきたいと深く思った



一流のハイヒールや音楽、洋服も全て
人間が創造し、形にしたものであるが
そこに人生を懸けた人のエネルギーが
宇宙のエネルギーと同じ領域であり
共鳴をし、それを纏うと云うことは
やはり宇宙のエネルギーそのものを纏う



未熟な今の私が感じたことであった



だからこそ、一流のハイヒールも
この真髄、深い部分を理解出来れば
美しく歩くことに努力をしない事は
ありえないのである



一流を纏ったから共鳴するのではなく
その真髄に触れることで価値が解り
これは年齢を安易に重ねたから得られる
と云うものではないと私は思っている



美しいことだけが溢れているのが
人生ではなく、日々、生きていると
美しいと感じないことは多々ある



だからこそ、ここで思考が役に立つ



何に焦点を当てて生き
何を求めるかを明確にすること



外の世界はコントロール出来ないが
自分が望む未来は思考を使い
コントロールする事が出来るのである



一流のエネルギーを纏うこと



それは、宇宙の壮大なエネルギーを纏い
この世界の神秘を人生に共鳴させ
美しく、強く人生を歩んでゆくことである