靴が人生を変える

昨日、私よりも興奮をし
靴箱を開けるのを楽しみに
していたのはPeterでした。



一足早くhusbandからの
誕生日プレゼントである
スエード素材の青いルブタン





赤のエナメル、黒の蛇革と
同じ型の素材違いである
クラシックタイプの12㎝の
ハイヒールです。



クラシックタイプのヒールと
プラットフォームタイプの
ハイヒールも足を入れた時の
感覚も歩く時も全く異なります。



過去に何度か触れたことが
ありますが、又、あらためて
綴りたいと思っています。



実は、ここ最近、ルブタンの
新しいヒールが欲しいと思って
いましたが、先週はその想いが
ピークに達していました。



ブティックへ行ってしまおう
かと思っていたほど強かった
ため、彼からのプレゼントが
ルブタンのハイヒールと聞いた
瞬間は、歓びと驚きました。



昔、彼がハイヒールだけは
プレゼントしないと話して
いたので、私の中で最も予期
しないプレゼントNo1でした。



ハイヒールとは、自分で購入
してこそ価値があると思って
いましたが、人生で初めて
ハイヒールをプレゼントされ
率直に、素直に嬉しいです。



私のことを想い、選ぶ彼の姿を
想像するだけで心が温かくなり
自分で購入したハイヒール以上に
丁寧に扱う気持ちが強くなります。



クラシックタイプのルブタン
なので、自分の足の甲の幅に
慣らせるため、今日から家で
青いルブタンを履いています。



ルブタンは美しいですが
足の甲の幅が狭いため
私のように甲が広い人には
プラットフォームタイプは
お勧めです。



現に、レッスンが始まる前に
青いルブタンから例の黄色の
プラットフォームのルブタンへ
履き替えると、思わず黄色の
靴が脱げてしまいそうなほどの
違いで、その感覚に驚きました。



新しいから余計に皮が硬い
状態ですが、それでも
クラシックタイプのルブタンも
諦めることなくコツコツと
少しずつ足を入れていると必ず
自分の足の幅に合ってきます。



外で歩く時の主軸であり
今では私の身体の一部であり
最高のパートナーである
赤のルブタンは、購入当初は
10分が限界でした。



黒の蛇革のルブタンも同じでした。



どちらも半年間近くかけて
慌てずに、コツコツと自分の
足に慣らし、今では脱げて
しまいそうな時もある程です。



ルブタンは見ているだけでは
価値が分かりません。
実際に足を入れて、歩いてこそ
初めて価値が心で感じる靴です。



女性として生まれたならば
この感覚を味わって頂きたいと
切に願います。



靴が人生を変えるとは
想像し難いかもしれませんが
本当に、そうなのです。





今更ながら、Instagramを始めました。



昨日、登録をしたばかりですが
日々の写真や目に映るものなど
作品として少しずつ増やしてゆきます。



作品としては未だ少ないですが
ご興味のある方は覗かれてみてください。