赤裸々な告白

今週は我ながら成長したと
思えるような日々であった


今、宇宙の流れか地球の動きか
天地がひっくり返るほどの
エネルギーを感じているが実際に
私の日常の生活にも起きている


水曜日のInstagram Live
闇に打ち勝った人生を懸けた
私の光のエネルギーであった


闇と同じレベルでの光では
闇を超えることは出来ない
だからこそ闇以上の光を放ち
その伸び代が魂の成長と繋がる


私は自分でも強くなったと
思うのは、如何なる時でも
平穏な心と幸せな気持ちで
溢れることが出来るように
なれた自分に称賛を贈りたい


私が人生で最も苦手なもの


それは自分のエネルギーを
持って行かれることである


思考を駆使しても自動的に
引っ張られてしまうほどの
負のエネルギーに負けずと
歯を喰いしばり達成させた


赤裸々に綴るとBriceが
完全にズレてしまい
そのエネルギーが厳しかった


相手からすると私の方が
可笑しいと思われているが
地球を救うプロジェクトが
行き過ぎて過激派になった
ことであった


9月に入ってからは急激に
温度が高くなり電話が来る度
その話しが多くなった


初めは地球を救うことに対し
素晴らしいと思っていたが
彼が情報を集めれば集める程
地球が深刻なことを知ったため
何とかしようと更に熱が入った


彼に集まる人々の影響も非常に
強かったのであろう、彼は本当に
可笑しくなってしまったのである


先週から彼と一緒にいるだけでは
なく電話すらもエネルギーが合わず
胃痛がする程であった


人間が地球を壊した
僕たちは酷い
食べ物は数年後になくなる
etc.


地球を救うことが完全に彼は
ネガティブしか見えなくなり
地球を守るためと食事も動物
魚を食べなくなり、時には
殺された豚の気持ちを考えると
胸が痛いと電話越しに泣いた


プラスチックなものは減らす
べきだと一切、プラスチックに
入れられた食品には手を出さず
これを口にすると地球に反する
ことになると訴えていた


私にもスーパーへ行くことを
反対し、お金が工業へ流れ
悪い世界を作ると何度も説教
されたことは数え切れず


終いにはお金を使う事は工業へ
流れて地球のシステムを悪く
するとお金を作らないシステムを
作ったと伝えてきた


それはお金を使うのではなく
自分が出来るサービスを上げて
代わりに食べ物を与えてもらう
と云うもの


時には私が地球に何を貢献を
しているかを教えて欲しいと
電話口で聞かれ、うんざりした


地球を想うあまり宗教のように
激変し、何かに洗脳されたよう
であるが、面倒なことは自分が
知識人であると思っていることで
私を含め地球に住む多くの人は
低いレベルだと思っていること


常に上から目線で完全に
瞳もエネルギーも何処かへ
行ってしまった人であった


エネルギー的に限界だと
離婚したいと思った


何を言っても自分の意見が
正しいと思っており全く
会話にならないことに加えて
病的な波動を感じた


此処まで来ると正直に
私も救うことが出来ない


離婚したいと思った月曜日の夜
いつものように電話が掛かり
再び、地球について語る彼が突如
「ポリアムール」の言葉を出した


これは今年の1月から実はずっと
彼に言われていたことであり
本妻の他にセカンドの女性が欲しい


私はセカンドは必要ないが
彼の幼少期の傷もわかるため
そこに愛があったから彼の
意見を受け入れようと努力した


しかし、そもそも私の魂に
反するために何度とトライを
したが、やはり出来なかった


今回、この言葉を彼が口に
した際、私は好都合だと感じ
やはり価値観が異なるので
離婚をした方が良いのではと
提案をしてみた


すると、彼は確かにと肯定的に
捉え僕たちの歴史は色々とあったが
素晴らしかったと嬉しそうに話し
電話を切った


翌朝、昨夜とは全く別人の彼が
Tiffanyを迎えに来て、彼の望み
セカンドの女性を受け入れられない
から離婚を提案した私を激しく罵倒し
悪者扱いをされた


恥ずかしかったのは愛する
我がアパルトマン中に
聞こえるくらい大きな声で
あったので兎にも角にも私は
恥ずかしくてならなかった


そこで動揺することはないが
人とはこのようにして壊れ
変わってゆくのだと思った


怒りを超えて苦笑しかなかった


何故ならばあまりにも
精神的に可笑しくなっており
会話が出来ないからである


本当に頭が可笑しいのか
ポリアムールを受けられない
君には愛が消えたと彼も離婚に
賛成であることは幸いであった


しかし、今、私が彼に何か学校や
彼にしか知らないHPの管理の
ことを尋ねると僕はもう君の為に
自分の時間を使いたくないと云う


時間を投資するならば食べ物と
交換と云う意味不明な要求をし
この食べ物はプラスチックに
入っていたから食べたくないと
本当に会話にもならない


自分の子供達に必要な学校関連も
僕は地球のシステムを汚すから
反対であると全く手を貸そうとも
しない


この事実をBriceの父に電話で
話したところ、彼も同じように
頭が可笑しいと感じており私と
全く同じ意見であり、父も同じ
ように被害があると言った


実際に影響は実の父とマミーも
同じように行っているようで
父もマミーもこれは全く手に
負えない病気であると表現した


実の父にもマミーにも
このようなことを言われる程
誰もが止められない状況


その上、離婚に大賛成と
子供たちが心配であると
私はこの二人がいてくださり
本当に良かったと思っている


なので、私は日本語版のHPを
World Pressから移行し
Blogger Blogへ変えることで
此処からも自立することにした


何かを尋ねると本当に
エネルギーが面倒なので
今は何も尋ねたくない


私は離婚することには
全くかすり傷にもならないが
ストレスは子供達への教育


パパから偏った洗脳された
教育の影響だけであった


フランスは親権が半々なので
二週間のバカンスの際に
彼の元へ行く時に子供たちが
変な洗脳を受けないかであった


実はPeterには包み隠さず
全てを話し、彼が私に送った
罵倒するメッセージも見せた


今朝は子供たちを迎えにきた際
三十年間も地球を汚してきたので
地球の為に自分が死んだ方が良い
と放つ彼の言葉に救えないと思った


それでもパパは大好きだけれど
Peterは知的で賢いと改めて感じ
彼が息子で良かったと思った


私の今のエネルギーの矛先は
愛する子供たちを宇宙の協力
エネルギーと共に守る事である


一方でフランスのシステムや
語学力不足の際にはいつもの
ように父とマミーがついてくれ
闇と反し家族の愛と云う光に
私は心から幸せである


このような状況の中で舞台に
立った水曜日の美のエンター
テイメントは闇に打ち勝った
私の光であった


あの時、気を抜くと負の波動
エネルギーに持って行かれる
ところを人生を懸けて立った


だからこそ、あの4分とは
私の魂、人生そのものであり
そこに込められた光とは人生で
最も強いエネルギーがある


私が伝えたいこと


それは突如とし可笑しくなった
彼に対しての反論ではなく
如何なる負のエネルギーでも
人生を愛と感謝を選ぶことの大切さ


その為には何が何でも
闇のエネルギーに負けず
光を強くする必要があること


これだけを説きたかった


先月のCannelleが光へと
なった際もそれ以上の光を
放つことで生きていた


そして、今回はそれ以上の
闇のエネルギーに襲われたが
私は断固として美学を貫き
闇をも光へと変える強さとした


だからこそ今の穏やかな心
幸せな感情が広がっている


如何なる時があっても
エレガンスを奪われるような
光を奪われるような
土俵には上がってはならない


いつの日か、もし貴女が
闇に負けそうになった際
今日のBlogを思い出して
いただければと思う


私の美学は誰にも崩されない
それは愛と感謝と光
これが私の人生の哲学である




今月のASAMI-PARISコンシェルジュ
「ビジネスを成功させる」です


今月限定のテーマとなりますので
ご興味のある方は以下をご覧ください


9月のコンシェルジェ「ビジネスを成功させる」


各コース、レッスンの
お問い合わせ、お申し込みは
以下の連絡先までお願い致します


asamiparis.fr@gmail.com



◆本日のコンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Ravissanteのレッスンで得られるもの (Ravissante)

親愛なるAgatheへ (La Carrière)


Hotel Intergate HIroshima (Belle passion)

視線を欲しがる (9Neuve)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※